公立小学校よ、何処へ行く?

子供の通う公立小学校の現状に日々驚きの連続!大学の非常勤講師として教育の現場に身を置く筆者が、実際の体験ファイルから驚くべき教育の実態を公開し、その中で子供を導く方法を模索する。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実力テストの怠慢 04/22

学校から戻るなり、息子は言った。

「やっぱり、テストは範囲無しだって。」

「また?」

家内がため息混じりにつぶやいた。範囲なしとは、いわゆる実力テストのことである。今まで学んだ全てが範囲ということだ。息子は当時公立小学校の5年生であったが、4年生までのテストは毎回、全ての科目で範囲が決まっていた。

担任の片桐先生は言う。
続きを読む »
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

Author:papa先生
40代/東海地方在住
大学講師。息子の学校行事には時間をやりくりし、できる限り顔を出しています。
 ここに紹介する様々なエピソードは、場所、名称等に脚色はありますが、誇張は一切ありません。実際、ある公立小学校でこのようなことが起こっています。公立小学校児童の親御さん、同様に悩まれている方、仰天体験された方、教育関係者の方等、様々な方のご意見を頂ければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2ブログランキング

FC2カウンター


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。