公立小学校よ、何処へ行く?

子供の通う公立小学校の現状に日々驚きの連続!大学の非常勤講師として教育の現場に身を置く筆者が、実際の体験ファイルから驚くべき教育の実態を公開し、その中で子供を導く方法を模索する。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べっちょり(3) 12/21

この記事は「べっちょり(1)」「べっちょり(2)」からの続きになっています。よろしければ(1)、(2)もご覧下さい。

*******************************************


「どう考えてもおかしいだろう! なんでそんなのが先生なんだ?」

「面白い先生だって聞いてたんだけど・・・」


「面白いだって?ああ、面白いとも!面白すぎるぞ!」

まるで家内にケンカを売っているようだ。

私の怒りは加速していった。


続きを読む »
スポンサーサイト

べっちょり(2) 12/21

この記事は「べっちょり(1)」からの続きになっています、よろしければ(1)もご覧下さい。

***************************

「・・・そのままどんどん滑っていって見えなくなっちゃったんだって」

息子は話続けていた。

・・・先生たちはその人を探しに降りていったが、急斜面をそのまま降りる事はできず、道沿いに下っていった。
続きを読む »

べっちょり(1) 12/13

今回の記事は、某公立小学校に通う息子が3年生だった頃の話である。

この記事の前にいろいろ別の件を書くつもりでいたのだが、ある事件のために、今、これを書くことにした。

少しぞっとするような話なので、その手の話題が苦手な方は読まれないほうが無難である。(でも少し読んで欲しい気も・・・)

***********************************

「それからさー。理科の先生の話は面白かった。」

私が帰宅した時、珍しいことに息子がリビングの食卓で学校の話をしていた。普段なら、食卓につく頃には学校の話は終わっているのだ。
続きを読む »

給食費不払いの本質(3) 12/01

この記事は「給食費不払いの本質(1)」「給食費不払いの本質(2)」からの続きになっています。よろしければ、(1)、(2)も合わせてご覧下さい。

 当初は、福祉的な目的で始まった給食制度であるが、社会全体が豊かになった今、本当に経済的な理由で給食を必要とする人は少なくなった。

 しかし、現在でも、給食制度の恩恵を受けている人々は数多いと思う。子供の弁当を毎日用意するということは、どこの家庭でも容易にできる訳ではない。

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

Author:papa先生
40代/東海地方在住
大学講師。息子の学校行事には時間をやりくりし、できる限り顔を出しています。
 ここに紹介する様々なエピソードは、場所、名称等に脚色はありますが、誇張は一切ありません。実際、ある公立小学校でこのようなことが起こっています。公立小学校児童の親御さん、同様に悩まれている方、仰天体験された方、教育関係者の方等、様々な方のご意見を頂ければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2ブログランキング

FC2カウンター


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。