公立小学校よ、何処へ行く?

子供の通う公立小学校の現状に日々驚きの連続!大学の非常勤講師として教育の現場に身を置く筆者が、実際の体験ファイルから驚くべき教育の実態を公開し、その中で子供を導く方法を模索する。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給食費不払いの本質(3) 12/01

この記事は「給食費不払いの本質(1)」「給食費不払いの本質(2)」からの続きになっています。よろしければ、(1)、(2)も合わせてご覧下さい。

 当初は、福祉的な目的で始まった給食制度であるが、社会全体が豊かになった今、本当に経済的な理由で給食を必要とする人は少なくなった。

 しかし、現在でも、給食制度の恩恵を受けている人々は数多いと思う。子供の弁当を毎日用意するということは、どこの家庭でも容易にできる訳ではない。

続きを読む »
スポンサーサイト

給食費不払いの本質(2) 11/30

この記事は「給食費不払いの本質(1)」からの続きになっています。よろしければ(1)もご覧下さい。

**************

この記事を読んで頂いているあなたが日本人であると考えて話を進めます。

 我々は、偶然この日本という国に生を受けた。これがいいか悪いかは、様々な見方があるだろうが、こと子供の教育という面ではラッキーだったと言えるだろう。続きを読む »

給食費不払いの本質(1) 11/28

「義務教育だっていうなら給食費ぐらい出してよ」

「お金とるならもっといいもの出してって思う」


 先日たけしの日本教育白書という番組で放映された、給食費を払わない親の言葉である。(録画で見たため、話題が遅いのはご勘弁を)

「子供の携帯代は月6万円」

 しかし、給食費は払わないと話す母親二人に、出演者一同驚き呆れ、モラルの低下を嘆くという構図だった。

 以前からこの公立小学校の給食費不払い問題は様々なメディアで取り上げられている。概ね報道する側のスタンスは似通っている。


 しかし、私の見方は少し違う。

*************************************************

私が小学生の頃、給食費が払えない子がいたのを覚えている。

続きを読む »

小学校で英語は必要か?(1) 09/15

小学校の英語教育を必修化しようとする流れが強まっている。

しかし、ちょっと待って欲しい。それが本当に子供を伸ばすことになるのだろうか。

英語より先に身につけるべきことがあるのではないか。

私は何も小学生の英語教育全てに異を唱えるのではない。

何を隠そう、私の家内も、子供が生まれる前は、小学生に英会話を教えていた。

子供が早熟で、学力に余裕のある子は英語をやるのもいいだろう。しかし、必修化は困る。

一つのエピソードを紹介したい。そして、私と一緒に考えて欲しい。
続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

Author:papa先生
40代/東海地方在住
大学講師。息子の学校行事には時間をやりくりし、できる限り顔を出しています。
 ここに紹介する様々なエピソードは、場所、名称等に脚色はありますが、誇張は一切ありません。実際、ある公立小学校でこのようなことが起こっています。公立小学校児童の親御さん、同様に悩まれている方、仰天体験された方、教育関係者の方等、様々な方のご意見を頂ければ幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2ブログランキング

FC2カウンター


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。